FC2ブログ

チニダゾール500mg


チニダゾール500mg


チニダゾール500mgはインドの大手製薬会社ザイダス・ヘルスケア社から販売されている抗原虫・抗菌薬で、主に抗トリコモナス薬として世界中で多くの使用されています。
古くからある薬ですが、現在でもトリコモナス症治療において多く選ばれる大人気の特効薬です。

トリコモナスとは原虫という単細胞生物の一種で、トリコモナスに感染すると様々な身体症状が現れます。
トリコモナス感染症の中で最も多く見られるのは膣・膀胱・尿道・前立腺にトリコモナスが寄生する性感染症です。
男性と女性で特徴が異なるので、以下にまとめてあります。

女性のトリコモナス感染症
膣炎のような症状が現れるため、トリコモナス膣炎と呼ばれます。
トリコモナス膣炎の主な症状は以下のような症状です。

悪臭を伴う泡状の黄色いおりものの増加
外陰・膣の刺激感
排尿時の不快感
強い痒み
膣壁発赤(膣の炎症)

男性のトリコモナス感染症
尿道・陰茎包皮・前立腺・精巣などにトリコモナスは寄生しますが、自覚症状はほとんどありません。排尿時にトリコモナスが排出されることもあります。
尿道の分泌物や炎症が非感染者に比べると多く、尿道炎のような症状が現れます。

チニダゾールはトリコモナス原虫を死滅させてトリコモナス感染症を完治させることが可能です。
また、トリコモナス感染症だけでなく嫌気性菌などの細菌性による腟炎などの炎症にも有効だと言われています。

トリコモナスの感染ルートは主に性行為で、オーラルセックスでも十分感染します。
また、同居家族間でタオルや便器などからの接触感染も稀に報告されています。
トリコモナスの潜伏期間は個人差がありますがおよそ3日~2週間です。
トリコモナスは性行為による感染力が強いため、自覚症状がなくてもパートナーが感染していれば両者とも同時に治療する必要があります。


チニダゾールは感染源の微生物の中で還元されてニトロソ化合物に変化し、強力な抗原虫・抗菌作用を発揮します。
また、この還元反応の途中でフリーラジカル(細胞を損傷させる活性酸素)が生成され、微生物のDNAの二重鎖を切断して機能障害を起こさせ微生物の分裂増殖を抑制します。
チニダゾールは殺虫的に作用するため根治治療が可能です。

チニダゾールは一般的な抗生物質とは全く異なる作用機序で原虫や細菌を駆除します。
国内にはトリコモナス以外の適応はありませんが、赤痢アメーバ・ディフィシル菌による感染性腸炎・ランブル鞭毛虫(ジアルジア)・毛包虫(ニキビダニ)・胃腸疾患の原因菌であるヘリコバクターピロリ菌などにも有効だと言われています。

トリコモナスを治療せずに放置すると女性は卵管まで侵食され不妊症になる恐れがあります。男性は自覚症状が少ないために潜在感染者としてトリコモナスを周囲にばらまいてしまう恐れがあります。そのため早急な治療が必須です。
どちらかにでも感染が判明したら、パートナーと共にすぐに治療開始して下さい。

チニダゾール500mg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム