妻に許してもらい離婚を回避する方法


妻に許してもらい離婚を回避する方法

『いろいろ、書いてるけど、このマニュアルのメリットはなんなの?』

そうですね、いろいろありますが、離婚を回避できた事例、離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単にマネすることができるという事です。

離婚を回避できた事例や方法論は、カウンセラーがあまり取り扱っていません。

そのため、情報が圧倒的に少ないのが現状です。

特に、離婚の話しが具体的に離婚調停など法律問題になっていないことがあります。

このような場合は法律専門家に相談することもできず、多くの方がどうしていいかわからず本当に困っています。

そのため離婚を回避したい人は、相談先もないことから自分の行動が正しいのか判断がつきません。

私はこれまで夫婦関係を修復するのに


「それだけは、やってはいけないでしょ!」


というような、決定的な間違いをしてきた人をたくさん見てきました。

もちろん本人達に、間違いをするつもりはまったくないのです。

ただそれが、やっていはいけないことだということを、本当に知らなかっただけなのです。

だから私は


「修復のために、やらなければいけないこと」

「修復のために、やってはいけないこと」


をきちんと伝えなければならないと思うのです。

たとえば精神科医師の診断書が、離婚回避の強力な武器になることは、ほとんどの人が知りません。

このマニュアルは、離婚回避に成功した事例が体系化されています。

だから、マネをして行動するだけで、あなたの離婚回避の確率がぐんと上がるのです。

このマニュアルには、手紙の書き方に加えて手紙のサンプル、診断書サンプルもついています。

文章の書き出し、構成、表現方法、伝えるべき事を、すべてサンプルの通りに書けばいいのです。

あなたは、自分の状況と自分の名前に置きかえるだけで、離婚を回避する手紙が書けてしまいます。

手紙のサンプルの一部分を、自分の名前や妻の名前に置き換えるだけでいいのです。

それだけで、本当に簡単に手紙が書けてしまうのです。

手紙を書くのに必要なものは、紙とペンだけです。

もしかしてあなたは、話すことで自分の気持ちを人に理解してもらうのは、苦手なのかもしれません。

だから今回、こんな離婚騒動になってしまったのかもしれません。

しかしそんなあなたでも、サンプルの通りに簡単に手紙を作成すればよいのです。

そうすれば妻に気持ちが伝わって、許してもらうことができるようになるのです。






>>> 妻に許してもらい離婚を回避する方法

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム