FC2ブログ

ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)5mg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム