FC2ブログ

★クリマラ100(女性ホルモン)


クリマラ100(女性ホルモン)


クリマラ100(女性ホルモン)


クリマラ100は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社によって製造・販売されている女性ホルモン製剤です。

飲み薬として服用するお薬の場合、薬は腸で吸収された後に肝臓で大部分が分解されるため無効化されてしまいます。しかし、クリマラ100は貼り薬なので、皮膚に貼ることで肝臓で分解されるのを避けることができ、ダイレクトに有効成分を全身に届けることができるので効果が強力です。
1枚に有効成分エストラジオールを高用量の7.6mg含有し、24時間の間、皮膚に貼り続けることでエストラジオールを100μg放出します。

有効成分であるエストラジオールは、卵胞ホルモンといわれる女性ホルモンの1つです。

クリマラ100は、更年期付近になると分泌が低下する女性ホルモンを外部から補充し、更年期障害の諸症状を改善することができます。とくに、更年期障害の顔の赤みやほてり・発汗の症状があらわれる血管運動神経症状(ホットフラッシュおよび発汗)、泌尿生殖器の萎縮症状、エストロゲン欠乏による睡眠障害に効果があります。

泌尿生殖器の萎縮症状とは、更年期により女性ホルモンの分泌が低下することによって生殖器が機能しなくなり萎縮していく症状です。泌尿生殖器の萎縮に伴り、膣の乾燥感や尿失禁、雑菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。場合によっては、生殖器の萎縮によって性交痛も引き起こしてします。

睡眠障害も、更年期によってエストロゲンが低下することで起こる自律神経の乱れが原因です。寝つきが悪い、眠りが浅い、すぐに目が覚めてしまうなどの症状があります。

クリマラ100を使用する際に、いくつか注意することがあります。

推奨されている部位以外の場所にクリマラ100を貼ってしまうと、有効成分エストラジオールの血中濃度が過剰になり副作用があらわれてしまうおそれがあるので、適切な場所に使用するようにしてください。

衣服との摩擦ではがれるおそれもあるため、ベルトラインへの使用も避けてください。胸へ貼るのも避けるように注意喚起がされています。

ケガをして傷のある部位や、湿疹・皮膚炎等が見られる部位への使用も避けることが推奨されています。

クリマラ100(女性ホルモン)

スポンサーサイト



リセドロネート(リセドロン酸ナトリウム)35mg


リセドロネート(リセドロン酸ナトリウム)35mg 


リセドロネート(リセドロン酸ナトリウム)35mg 


リセドロネートは、閉経後女性の骨粗しょう症の治療や、グルココルチコイド誘発性骨粗しょう症の予防や治療にも用いられています。有効成分リセドロン酸には、強力な骨吸収抑制作用があります。骨基質に対して強い親和性を持っており、服用後は骨組織に対して速やかに作用します。そして、破骨細胞の活動を弱めることで、骨が弱くなるのを防ぎます。
骨は、骨を作る細胞(骨芽細胞)と骨を壊す細胞(破骨細胞)がバランスを保つことで強度を維持していますが、骨を作る細胞よりも骨を壊す細胞が多くなり、自然と骨が弱くなった状態が、骨粗しょう症です。骨粗しょう症が原因となって寝たきりの生活となることもある、深刻な病気です。症状は、3つに分けることができます。

リセドロネート(リセドロン酸ナトリウム)35mg 

プロゲステロンクリーム(無香料)


プロゲステロンクリーム(無香料)


プロゲステロンクリーム(無香料)


プロゲステロンクリームは、天然の女性ホルモンを含有しているクリームです。皮膚に直接使用することで、更年期障害やアンチエイジングのために使用することができます。

人工着色料や香料等の余分なものを含まず、ナチュラルな成分のみで女性の身体に優しいクリームです。天然のプロゲステロンだけでなく、ヒマワリ油、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンE等の女性にとってありがたい成分が多数含まれています。

有効成分としてプロゲステロンを1ポンプ(1.3g)のクリームに20mg含有しています。1日1~2回使用することで、不足してしまった女性ホルモンを外部から補充することができます。
有効成分プロゲステロンとは、黄体ホルモンといわれ思春期・成人女性では卵巣の黄体から分泌されています。子宮内膜をやわらかくして妊娠しやすい状態に変化させたり、月経周期を調節したりする働きがあります。

ストレスや睡眠不足、偏った食生活によってホルモンバランスが乱れるとプロゲステロンの分泌が低下し、月経不順や更年期症状を起こしてしまいます。また、閉経することでも女性ホルモンの分泌量が低下し、プロゲステロンが不足してしまいます。

プロゲステロンの飲み薬は、服用しても大部分が肝臓で分解されてしまい効果がなくなってしまいます。しかしプロゲステロンクリームは、皮膚に使用することで直接血流にプロゲステロンが移行するため肝臓を経由せず、強力な効果を発揮することができます。

プロゲステロンクリームは日本ではあまり普及していませんが、アメリカにおいてはたくさんのメーカーからプロゲステロンクリームが販売され、多くの方に利用されています。

骨粗鬆症、更年期症状、月経不順、月経前後の肉体・精神的不調の緩和のためにプロゲステロンクリームは利用されています。

まずは1日1~2回使用して、症状がよくなるか様子を見てください。

注意点として、もともと体内に存在している女性ホルモンのプロゲステロンを補充するため、プロゲステロンクリームを使用してすぐに効果を感じるわけではないということです。

まずは3~4ヶ月程度使用して効果があるかどうか観察してください。4~6ヶ月程度使用しても効果が感じられないようであれば、プロゲステロンクリームの中止も含めてほかの治療法を検討するようにしてください。

必要であれば、医師・薬剤師に相談するようにしてください。

プロゲステロンクリーム(無香料)

プレマリン0.625mg28錠 Pfizer (ファイザー)


プレマリン0.625mg28錠


プレマリン0.625mg28錠 Pfizer (ファイザー)


プレマリンは有効成分として結合型エストロゲン0.625mgを含有する女性ホルモン製剤です。日本含め世界中で古くからずっと使用され続けている、代表的な女性ホルモン製剤です。

女性の健康は、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンの影響を大きく受けております。特にエストロゲンは「女性を創るホルモン」と呼ばれるほど、女性の身体全体に大きく作用しております。

エストロゲン分泌は20代後半がピークとなり、40歳前後から減少し始め、閉経時期に近付くと急激に減少します。その急激な減少によって起こる体調不良が「更年期障害」です。疲労感、ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)、動悸、頭痛、めまい、肩こり、不安、不眠、うつなどの全身症状が現れます。

プレマリン はこのエストロゲンそのものを補充することにより、更年期障害をはじめ、エストロゲン減少が影響する様々な婦人科疾患を改善します。通常、卵巣欠落症状・卵巣機能不全症・更年期障害・腟炎(老人、小児および非特異性)・機能性子宮出血の治療に用いられます。

プレマリン0.625mg28錠 Pfizer (ファイザー)

プレマリン0.625mg Wyeth (ワイス)


プレマリン0.625mg


プレマリン0.625mg


卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンは体内で重要な役割を担う重要な女性ホルモンです。これら2つのホルモンの増加減少のバランスにより、生理・妊娠・出産が成立します。

エストロゲンは正常な生理周期を保つ・排卵を起こす・女性の生殖器や乳房を発達させる作用の他、脳や中枢の神経機能や自律神経・循環器・脂質代謝・骨代謝など体内の様々な機能を正常に維持する作用があります。コラーゲン分泌促進作用により肌・粘膜の潤いやハリ艶を保つ作用もあるため、女性が美しく若々しく健康でいるために必須であるホルモンです。

更年期(閉経を迎えるまでの数年間、平均50歳前後)や卵巣欠落症状などによる卵巣機能の低下などの要因でエストロゲンの分泌が著しく減少すると、心身共に多くの不調が起こるようになります。このことを更年期障害と呼びます。

更年期障害は全ての女性に起こりうることですが、症状の発現には大きな個人差がありますが、主に疲労感、不眠、ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)、頭痛、めまい、不安やイライラ感などの全身症状が挙げられます。

プレマリン0.625mgは天然の結合型エストロゲンであるため、エストロゲンそのものを補充して体内で不足しているエストロゲンを補う作用を持つ薬です。主に更年期障害、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症の治療などでプレマリンは大活躍しています。尚、プレマリンのような女性ホルモン製剤を使用する治療を臨床の現場では女性ホルモン補充療法(HRT)と呼びます。

プレマリンはその他にも腟炎、機能性子宮出血、泌尿生殖器の萎縮に伴う膣の乾燥及び性交痛、尿失禁、不妊治療にも効果を発揮します。不妊治療においては、生理不順や排卵が起こらず妊娠が難しい状態である場合にプレマリンを服用してエストロゲンを補充することでホルモンバランスを整え生理周期が正常になり、結果的に妊娠確率のアップが期待されます。

また、長期間の服用で骨粗鬆症の予防効果が期待できます。プレマリンは骨量増加と骨折予防効果が世界的に認められている唯一の女性ホルモン製剤です。

プレマリンには美肌・美髪などの美容効果もありますが、局所的な効果を希望する場合は全身に作用する内服タイプのプレマリンより外用クリームタイプのプレマリンをお勧めします。 更年期障害などの全身的なエストロゲン欠乏による症状に対する効果はあまり期待できませんが、美容クリームのように肌に直接塗布できて全身的な副作用がほとんどないので安全性が高いです。

プレマリン0.625mg Wyeth (ワイス)

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム