FC2ブログ

★薬用ゴマオイル|JIVA


薬用ゴマオイル|JIVA


薬用ゴマオイル|JIVA


薬用ゴマオイルは、インドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいて製造・開発されたマッサージオイルです。

一般的な体の痛みだけでなく、変形性関節症による痛みのある方にも愛用されています。

薬用ゴマオイルは、有効成分としてごま(Sesamum indicum)を含んでいます。

ごまは鎮痛作用があり、組織の結合を促進する働きがあります。

傷の回復を促進させる効果もあります。

さらに、神経系の強化、消化力の強化、止血作用もあります。

皮膚をやわらかくする働きに加えて、母乳をつくる作用、経血の流れを促す働きもします。

これらの作用により、薬用ゴマオイルは痛みを改善しつつお肌にハリとつやを与えてくれるといわれています。

薬用ゴマオイル|JIVA

スポンサーサイト



★ルチアラクリーム(妊娠線予防クリーム)


ルチアラクリーム(妊娠線予防クリーム)


ルチアラクリーム(妊娠線予防クリーム)


女性は妊娠して6~7ヶ月頃になるとお腹がだんだん大きくなりますが、急激にお腹や太ももなどが成長すると、その部分の皮膚が成長の速さについていけず、伸びにくい皮膚の真皮と呼ばれる部分に亀裂が生じてしまいます。亀裂が生じて表れた赤紫色の縦線を妊娠線またはストレッチマーク呼んでいます。

医薬品メーカーのバイエル社が発売するルチアラクリームは、肌を柔らかくして乾燥から守るクリームです。腹部や太ももなどに使用すると妊娠線が出来るのを予防したり、出来てしまった妊娠線を目立たなくする効果があるといわれています。

ルチアラクリーム(妊娠線予防クリーム)

★コジグロフォルテクリーム


コジグロフォルテクリーム


コジグロフォルテクリーム


コジグロフォルテクリームは、美白に効果的な成分をたくさん配合したクリーム剤です。

1日2回顔や首の気になる部位に使用することでお肌を白く綺麗で美しい状態にしてくれる効果が期待できます。

コジグロフォルテクリームには、アラントイン、アスコルビン酸(ビタミンC)、ハイドロキノン、コウジ酸、ナイアシンアミドなど、美白に効果があると話題の成分を多数配合されています。

注意点として、美白になるにあたって皮膚の生まれ変わりが促進されるので、コジグロフォルテクリームの使用はじめのころは刺激感を得ることがあります。

継続して使用することで刺激感はなくなってくることが多いですが、気になるようであれば皮膚科医を受診するようにしてください。

コジグロフォルテクリーム

★コジグロジェル


コジグロジェル


コジグロジェル


コジグロジェルは、最近話題の美白成分コウジ酸が配合された美白効果が期待できるジェル製剤です。

コウジ酸は、1907年に麹から発見された化合物です。

1988年からは医薬部外品の美白剤としても承認を得ています。

日本でも多くの化粧品に配合されており、美白化粧品やエイジングケア用品にコウジ酸は多く配合されています。

コウジ酸は皮膚の色素沈着の原因であるメラニンの合成を抑制する効果があることが報告されています。

メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑えることで美白効果を発揮します。

コジグロジェルは、このコウジ酸だけでなくアルブチンやアラントインも配合されており、より強力な美白効果が期待できます。

コジグロジェル

パバ(飲む日焼け止め・UVカット)


パバ(飲む日焼け止め・UVカット)


パバ(飲む日焼け止め・UVカット)


パバは、ソース・ナチュラルズ社から製造・販売されているパラアミノ安息香酸のサプリメントです。有効成分パラアミノ安息香酸はPABAといわれ、人体にとって重要な栄養素である葉酸の前駆体であり、ビタミンBxと呼ばれていました。

ビタミンはほとんどの場合、体内で十分量合成することができず食事から摂取する必要があるもののことを意味します。パラアミノ安息香酸は、発見された当時、ヒトにとって必須な栄養素であると思われたためビタミンBxと呼ばれましたが、現在ではヒトにとって必須栄養素ではないことがわかり、現在ではビタミンには分類されていません。ヒトにとって必須な栄養素ではないことがわかりましたが、ヒトにとって有用な成分であることには変わりありませんでした。

パラアミノ安息香酸をエチルエステル化されたもの(アミノ安息香酸エチル)は、局所麻酔薬として胃の痛みや吐き気を抑えるため胃腸薬や乗り物酔いのお薬などに配合され、多くの方に利用されています。

パラアミノ安息香酸自体は、紫外線をカットして日焼け止めを防止する「飲む日焼け止め」として効果があるとされ、多くの方に利用されるようになっています。ボトル1つに100錠入っていて、パラアミノ安息香酸が1錠に100mg配合しています。毎日1日1錠摂取するだけで、身体の内側から紫外線によるダメージから皮膚を守り、日焼け防止効果が期待できます。

日焼けの原因である紫外線とは、目に見えない太陽からの光線のことです。適度に紫外線を浴びることはヒトにとって有用で、殺菌効果や骨の形成に必要なビタミンDの産生にかかわっています。有害な症状としては紫外線を長時間浴び続けることで日焼けをし、皮膚の老化やシミ・そばかすなどの症状をあらわします。症状が進行し、悪化することで最悪皮膚がんになることもあります。

春から夏にかけて紫外線の量は上昇しますが、基本的には1年中我々は紫外線を浴びて生活しています。 夏の時期に限らずどの季節でも我々は日焼けをする危険性があります。日焼けによる皮膚がんや、シミ・そばかすの発生を予防するために、夏の時期だけでなく毎日継続してパバを摂取するのがお勧めです。

パバは菜食主義者(ベジタリアン)の方でも摂取できるように設計されていて、乳製品、卵、を含んでいません。また、砂糖、防腐剤、人工着色料、香料なども使用していません。

注意点として、パラアミノ安息香酸は皮膚細胞のDNAに損傷を与え、皮膚がんを誘発するおそれがあると報告されています。日本でも、厚生労働省によりすべての化粧品は100g中の最大配合量は4gまでと制限が決められています。日焼け止め防止の効果を期待して、過剰な量のパラアミノ安息香酸を摂取するのは避けるようにしてください。

パバは優れた飲む日焼け止めとして多くの方に愛用されていますが、より強力に日焼けを防止するのであれば塗るタイプの日焼け止めと併用したり、物理的に紫外線を遮ることができる日傘や皮膚を露出しない長袖長ズボンなどを使用して日焼けを防止するようにしてください。

パバ(飲む日焼け止め・UVカット)

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム