FC2ブログ

セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)

スポンサーサイト



セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)

【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)


【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)


【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)


ブラフミーは、記憶力を高め、集中力を高めることができるお薬です。

日本ではあまり知られておらず未承認ですが、海外では記憶力・集中力向上のために一般的に使用されている成分を使用しており優れた効果を得ることができます。

主に注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療や、中高年の脳の老化予防のために使用されています。

ブラフミーは、1930年に創業された100年近い歴史を持つインドの有名な製薬会社であるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売されています。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいてアーユルヴェーダ生薬を使用して製造されています。

アーユルヴェーダとは、ギリシャ・アラビア医学、中国医学とともに世界3大伝統医学といわれています。

アーユルヴェーダは医学の知識だけでなく、生活の知恵、生命科学、哲学などの概念も含まれており、インドの民衆のための医学とされています。

病気の治療と予防だけでなく、健康の維持・増進、若返りなどについても探求されているのが特徴です。

日本にも実はアーユルヴェーダの概念は浸透しており、歴史は古く6世紀ごろから仏教とともに伝えられています。

日本の風土とアーユルヴェーダがうまく混ざり合い現代まで伝えられています。

日本特有と思われている座禅や、精進料理、乾布摩擦、温泉に入るなどの行為は、実はアーユルヴェーダと共通している概念です。

アーユルヴェーダの薬は、天然に由来する動植物からなる生薬が利用されていることが多いです。

約2,000~2,500種類の生薬があり、それぞれの薬効ごとに患者の症状にあわせてアーユルヴェーダ医師が生薬を組み合わせて薬を調合します。

これらの生薬には薬効が不明とされているものもありますが、多くの生薬が現代医学において作用機序が解明されており、本当に効果があることがわかっています。

日本ではあまり知られていませんが、ブラフミーに含まれている生薬であるバコパモニラエも記憶力・集中力を高めることができるとして海外では多くの方に愛用されています。

効果は強力ですが天然成分由来のため、副作用や依存症を起こすことがなく、安心して使用することができるので人気です。

【ヒマラヤ】ブラフミー(記憶力改善)

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム